糖尿病の人は年に1回は眼科検診を毎年受けたほうがよい

2018年05月14日

糖尿病の合併症の一つに糖尿病網膜症があります。この合併症は40〜60歳の失明原因の1位とされているようで、糖尿病患者の方は気をつけないといけません。失明に至るような状況になる前に、異常を早期発見できればそのリスクはかなり軽減されるとのこと。で、具体的なアイデアとして年に一度の眼科検診というわけです。米国ではAIによる網膜診断がかなり高い精度になっているというニュースもあります。

記事の終わりでは読者に向けて「糖尿病患者が眼の合併症を予防するためには、禁煙と健康的な食生活、定期的な運動、処方された薬をきちんと服用して糖尿病や高血圧、脂質異常症をきちんとコントロールすることが重要だ」とアドバイスがされています。

「私たちと同じ病で困っている方々のお役に立ちたい」そんな想いからこのホームページを作りました。

糖尿病に関するニュース
糖尿病の知識を深める
血糖値についての知識を深める