長時間残業+睡眠不足で2型糖尿病リスク増

2018年04月09日

「残業時間が月当たり45時間を超え、かつ睡眠が十分に取れていない人は2型糖尿病になりやすい可能性のあることが、帝京大学大学院公衆衛生学研究科の桑原恵介氏らの研究グループの調べで分かった」という記事です。有料コンテンツなので詳細は会員にならないと読めませんが、概要だけでも参考になります。

「一方で」として、「1日に5時間を超える睡眠を取っているとこうしたリスクは上昇しない可能性も示された」というのも興味深い点。しっかり眠るというのは健康に必要条件ですね。今後、しっかり眠れる環境作りについても調べていこうと思いました。

「私たちと同じ病で困っている方々のお役に立ちたい」そんな想いからこのホームページを作りました。

糖尿病に関するニュース
糖尿病の知識を深める
血糖値についての知識を深める