2018年01月29日

糖尿病の新たな合併症「糖尿病性認知症」の症状と治療法

糖尿病でなければ発症しない認知症があることをご存知でしょうか?

その名も「糖尿病性認知症」。認知症にはいくつかの種類があり、よく聞くのがアルツハイマー型。あと多いのが脳血管性。この2つで全体の8割ほどを占めるようで、糖尿病性認知症は全体の約10%ほどとされています。

アルツハイマー型との違いは治療の見込みがあるということ。

この記事では『糖尿病性認知症は「コントロール可能な認知症」だ。そこが、悪化を止められないアルツハイマー型と大きく違う。糖尿病性認知症であれば早期の段階で血糖コントロールをしっかり行うと悪化しない。』と書かれています。

これは覚えておくべきポイントだと思いました。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら