2017年12月18日

糖尿病とウォーキング 少し歩いただけでも健康効果を得られる

糖尿病の運動療法でも「ウォーキング」は一般的なメニューです。米国がん学会は中強度の運動を週に150分、あるいは活発な運動を週に75分行うことを奨励していますが、そこまでしなくても健康と長寿に良い影響が期待されるとの研究結果があったという記事です。

ハーバード大学の研究によると、週に2.5時間、つまり1日20分とちょっと歩くだけで、心疾患のリスクを30%低下できるようです。これなら毎日頑張れそうですね!とにかく、毎日少しでも歩くこと。分かっているけどなかなか出来ないもんです。。。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら