2017年12月04日

糖尿病の注射針 「32G×6mm」を発売 痛みを軽減し使いやすく

インスリン治療を受ける患者さんにとって、インスリン注射は大きな負担です。注射は痛みを伴いますから、痛みの軽減は大きなテーマです。血糖値の計測は注射をしなくても計れるようなアイテムも開発されてきていますが、インスリン治療には注射は不可欠。

そんな中医療ベンダーも色々な商品を開発していて、今日紹介するのは新商品の針です。「細い」という特徴もありますが、「ストレート構造」というのも特徴の一つのようです。これにより軽い力でも薬液の注入が可能になるそうです。

治療中の方はこうした医療機器の情報もチェックしておいたほうがいいですね。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら