2017年05月02日

分解速度が遅い人工インスリンの合成に成功、糖尿病治療薬への応用見込む

東海大学が人工インスリンの化学合成に成功したとのことです。天然インスリンよりも酵素分解速度が遅いインスリンのようで、将来的に投薬患者の負担軽減が期待されています。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら