2017年01月20日

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

こんな記事がありました。

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介 / エキサイトニュース

糖尿病とはどんな病気か?診断基準は?前兆は?予防のカギは?といった、基礎知識が掲載されています。執筆者も管理栄養士・健康運動指導士・フードスペシャリストの方ということでしっかりしてそうです。

特に、糖尿病の前兆のリストが参考になりました。以下引用です。

  1. 体重の大きな変化
    体重が大きく増えることで、インスリンの必要量が増えて効きも悪くなります。これが糖尿病の引き金になることもあります。また、血糖値が高いと、糖がうまく使われないことから身体の組織を使ってエネルギーを作るため、体重の著しい減少がみられることもあります。
  2. .尿の量・回数が多い
    尿と一緒に糖をだそうとし、尿の量や回数が増えやすくなります。また、糖が尿と一緒に出るため、尿が甘酸っぱいにおいになります。
  3. のどが渇く
    尿がたくさん出るために、脱水状態になります。そのため、のどが渇きます。
  4. 倦怠感
    糖がうまくエネルギーとならないためにエネルギーの不足につながり、倦怠感を感じることもあります。
  5. 食べても空腹感がある
    糖がうまく細胞にとりこまれず、エネルギーにならないことから、空腹の信号が脳に送られてしまいます。 糖尿病は前兆がないのが特徴です。

基礎知識はしっかり理解していきたいですね。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら