2016年12月12日

サラダはどう選ぶ?糖尿病専門医に聞く「飲み会で太りにくいメニューを選ぶ方法」

こんな記事がありました。

サラダはどう選ぶ?糖尿病専門医に聞く「飲み会で太りにくいメニューを選ぶ方法」

糖尿病に関心が高い人は「ベジファースト」なる言葉もご存知かと思います。空腹時にいきなり炭水化物を摂取すると血糖値が上がりやすくなります。

脂肪の付き方も影響しているので、理屈でいうと「血糖値の上昇をゆるやかにする食べ方」を身につければよいわけです。

この記事では、監修の福田医師が下記のようにおしゃっています。

福田医師は、「食物繊維→タンパク質→炭水化物という『食べる順番』を守ることがポイントです。飲み会などでは、誰かが代表して、『食べる順番』を意識したオーダーをしてください」とアドバイスをします。

また、福田医師は脂肪が蓄積しやすい3つの「あ」についても教えてくれています。

「『脂っこいもの』、『甘いもの』、『アルコール』は、おなかに脂肪が蓄積しやすい原因になります。特に、揚げ物とアルコールはセットでがんがん飲み食いしやすい組み合わせです。

同じカロリーを摂取するにしても、食べる順番やスピードで、体の中での反応は大きく違ってきます。良い習慣を身につけていきたいですね。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら