2016年11月09日

アルツハイマーは脳の糖尿病である 東北大が実証

こんな記事がありました。

アルツハイマーは脳の糖尿病である 東北大が実証 / エキサイトニュース

記事は専門用語のオンパレードでちょっと読みにくい印象でしたが、

この研究では、アルツハイマー病治療薬メマンンチンが脳のインスリンシグナルを改善することを示している。研究成果はアルツハイマー病の「脳糖尿病仮説」を実証した初めての成果であり、脳の Kir6.2 チャネルが新しいアルツハイマー病治療薬の創薬ターゲットであることを示したとしている。

と、業界において初めての発見のようです。

糖質制限とアルツハイマー予防の関連性は、これまでも記事で呼んだ事がありますが、その一つの証明といえるのだと思います。この「能糖尿病仮説」から、新しいアルツハイマーの治療薬の開発が期待されるようです。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら