2016年10月14日

清涼飲料への課税、WHOが訴え 肥満・糖尿病対策で

こんな記事がありました。

清涼飲料への課税、WHOが訴え 肥満・糖尿病対策で / 日本経済新聞

「糖尿病」という表現がぴったりだと思いますが、「糖」が体にどのような影響をあたえるのか?私たちは知識をもって取り組む必要があります。

食事の時に甘いものを食べる機会はすくないと思います。主に白米などの炭水化物が糖の源です。では、どのような時に「糖」を直接摂取しているのでしょうか?1つのこたえが清涼飲料水です。

こうした背景のなか、今回、WHOが世界的に増加傾向にある肥満や糖尿病への対策として、「砂糖を多く含む清涼飲料への課税強化」を各国に呼び掛けたようです。

以下引用です。

WHOは「砂糖、特に清涼飲料の消費増が肥満や糖尿病増加の主要な要因になっている」と指摘、清涼飲料への20%課税で、20%消費を減らせるとした。その代わり、新鮮な野菜や果物の消費を促すため、価格を下げる目的の補助金を出すことを奨励している。

この記事を読んだときに頭に浮かんだのは「人工甘味料」です。人工甘味料については賛否両論ありますが、個人的には「敢えて摂取する必要がないもの」という認識があります。

出来るだけ甘いものを避け、血糖値をコントロールするすべを身に付けたいですね。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら