2016年09月08日

「少し太っているほうが健康」に根拠なし 糖尿病リスクは確実に上昇している

こんな記事がありました。

「少し太っているほうが健康」に根拠なし 糖尿病リスクは確実に上昇している / エイジングスタイル

テレビなどで、「少し太っている方が健康」といったような主張を聞くことがあります。これは確か「少し太っている人の方が寿命が長い」というデータが出たからだという記憶があります。

そんな中、スウェーデンの研究チームが肥満者と非肥満者を比較実験し、「少し太っている方が健康」という理論に「根拠なし」という研究結果を発表しました。

記事を読んでいると、言いたいことは分かるんのですが、被験者が重度の肥満者が対象になっていることから、正直話しが噛み合っていない印象でした。そりゃ、重度の肥満者と非肥満者の健康状態を比較したら、それなりに悪い比較になるはずです。

寿命と健康寿命は違うことは皆さん理解されていると思います。糖尿病になってしまうと人工透析のような治療と一生付き合っていく必要がありますし、これを望む方は皆無でしょう。日頃からの健康管理、常に意識を高くもっていきたいところです。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら