2016年06月05日

ベジタブルファーストも早食いでは意味ナシ

興味深い記事がありました。

ベジタブルファーストも早食いでは意味ナシ 糖尿病の治療法

ここ数年、食事の順番で血糖値のあがり方が違うということで、「ベジファースト」なる言葉が出てきています。「食生活の改善」の具体案として注目されてるもので、血糖値の上昇に強い相関のある糖質(炭水化物)を食事の後に食べる。それを実践するには、糖質以外の食べ物である野菜などを「先(ファースト)」に食べることになるので、こうした食べ方を「ベジファースト」と呼んでいるのです。

しかし、ただ単純にベジファーストすればいいわけではないというのこの記事の主張。言われてい見れば「そりゃそうだ」ですよね。

ゆっくり沢山噛んで食べると満腹中枢が刺激されて、少ない量で満腹感を味わえるといいます。一旦早食いの食べ方が身についている人は、なかなかやろうと思っても難しい「ゆっくり食べる」という食べ方。

この食べ方を覚えるだけでも、将来のQOLが上がるなら、しっかりと生活に取り入れていきたいところです。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら