2016年05月01日

2型糖尿病、予備群向け健康管理アプリ「GlucoNote」提供開始

少しまえにこのブログでも紹介したことがあるアプリの話。

東京大学とNTTドコモという2大巨頭がタッグを組み、糖尿病患者を対象としたスマホアプリがいよいよ提供開始です。

2型糖尿病、予備群向け健康管理アプリ「GlucoNote」提供開始 / エイジングスタイル

このアプリの特徴は、Appleが提供している「ResearchKit(リサーチキット)」という開発キットを利用している点です。このキットを使うことで、他社のアプリともデータ連携も期待できるし、医療機関がResearchKitでシステムを開発すれば、双方向でデータのやり取りも期待出来ます。

東京大学&NTTドコモ。両社の資本力があれば独自の開発システムを組むことは簡単でしょうが、将来的な広がりを見据えてのResearchKitの利用だと推測しています。

2016年3月14日からAppStoreでdownload可能のようです。興味のある方は是非!

2型糖尿病、予備群向け健康管理アプリ「GlucoNote」/iTunes

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら