2016年01月10日

米やパンを最後に食べると糖尿病の予防になるのか?

最近、コンビニやショッピングセンターの野菜コーナで「ベジファースト」なる言葉を紹介しているポスターやポップを目にすることが増えました。「ベジファースト」とは、「食事の際に野菜を先に食べましょう」という事を促すものです。そんな中、下記のような記事を見かけました。

「米やパンを最後に食べる」と糖尿病の予防になる? / オーヴォ

関西電力医学研究所のグループが、「米より先に魚や肉を食べることで胃の運動が緩やかになり、食後の血糖値上昇を抑えることができる」という研究結果を、欧州糖尿病学会誌(電子版)に発表したようです。

以下、概要を引用します。

  • ああイレクチンが活躍
  • 野菜を先に食べる食事療法も
  • ゆっくり食べることも重要
  • 糖尿病の人は医師への相談も必要

当ブログの読者の方にとっては、さほど目新しい情報ではないかと思いますが、こういう研究発表が積み上げられていくことは、認知につながると思います。「野菜から食べる」「ゆっくり食べる」こうした習慣を身に着けたいですね。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら