2015年12月21日

カフェイン摂取で糖尿病のリスクがあがる?

こんな記事がありました。

エナジードリンクの驚くべきリスク 大量のカフェイン摂取が糖尿病を招く?/livedoor

研究チームは、13~19歳の若者20人を2つのグループに分け、ひとつのグループにはカフェインを抜いた「5-hour ENERGY」を、もうひとつのグループにはカフェイン入りを摂取してもらった。そして、摂取後40分たったところで、経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)を実施。血糖値およびインスリン抵抗性を測定した。すると、カフェイン入りの栄養ドリンクを飲んだチームは、カフェイン抜きに比べて血糖値が24.6%、インスリン値が26.4%上昇したのである。ちなみに、「5-hour ENERGY」は無糖だ。 〜中略〜 長期的に大量のカフェインをとることが、将来の2型糖尿病発症へとつながることが懸念されるという。

カフェインといえばコーヒーが連想されます。コーヒーの摂取によって健康的に良い話、悪い話、色々あります。当サイトでも、コーヒーに関するテーマで以下のような記事を紹介してきました。

こうした経験から、コーヒーの摂取にはポジティブな考えをもっていましたが、カフェインだけで考えると、ちょっと気持が揺れます。

質の良い「水」を摂取するのが一番無難なのかもしれませんね。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら