2015年10月29日

西友 日本糖尿病協会監修の健康弁当開発 11月6日発売

プレスリリースっぽい記事がありました。

西友 日本糖尿病協会監修の健康弁当開発 11月6日発売 / 産経ニュース

以下引用です。

西友は28日、患者や医師らで構成される公益社団法人日本糖尿病協会と共同で開発した「8品目のヘルシー弁当」(税別398円)を11月6日から30日の間、全国341店で販売すると発表した。11月14日の世界糖尿病デーに合わせた取り組み。日本の総人口の6分の1にあたる約2200万人が糖尿病の患者、または予備軍となっていることから、医師や患者らと開発した弁当で消費者の健康志向の高まりに応える。1食を464キロカロリーに抑えつつ、「チキントマト煮」や「野菜あんかけ」、「十六穀米御飯」など8品目の彩りや味と栄養のバランスも楽しめる。

このブログでも糖尿病食、糖尿病弁当に関する記事もたまに取り上げていますが、糖尿病協会と共同開発というのは権威がありますよね。1食500キロカロリー以下の食事というのは糖尿病対策だけでなく、ダイエットなどにも喜ばれそうです。11月いっぱいのようなので、その後の展開が気になるところですが、もし好評なのであれば引き続き提供してほしいところです。

 

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら