2015年09月10日

糖尿病の子供が増えているようです

糖尿病は大きく分けて2つの種類があります。1型糖尿病と2型糖尿病です。

1型糖尿病は生活習慣でも先天性なものでもなく、原因不明の難病です。発症率は10万人に1〜2名ほどです。それに対して2型糖尿病は生活習慣によるもので、「糖尿病」と言えば、一般的に2型糖尿病を指します。

今日紹介する記事は、2型糖尿病の子供が増えてきているとうものです。

子供にも増加中の糖尿病、その特徴と対処法について / 日刊アメーバニュース

肥満や運動不足は大人だけの問題ではありません。子供も同様ということです。

発覚するパターンとしては血液検査のようです。風邪などで病院に行った時に血液検査をして、その際に血糖値が高いコトが分かるといった流れ。子供の生活パターンは親に責任があります。子供のためにも、規則正しい生活、運動、習慣を意識していきたいですね。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら