2015年08月30日

糖尿病の鍵を握るのはどの器官? 血糖値のバランスをコントロールする大切な臓器の話

糖尿病と密接に関係のある臓器、「膵臓」。

膵臓が、身体でどのような役割を果たしていてるのか詳しく知っている人は少ないと思います。今日ご紹介する記事は、そんな膵臓について図解入りで詳しく解説してくれているページです。

糖尿病の鍵を握るのはどの器官? 血糖値のバランスをコントロールする大切な臓器の話 / ログミー

重要なワードをピックアップしてみます。

  • 膵臓は健康管理のパーソナルトレーナーのような働きをしている
  • 膵臓は、水、炭酸水素ナトリウム、消化酵素の3つから特殊な体液を作り出し消化の働きを助けている
  • 膵臓は血液中の糖の調整も行っている
  • 血糖値は高すぎても低すぎても生命に関わる
  • 膵臓の働きに問題があるとインスリンの生成機能が低下
  • インスリンの生成機能が低下すると血液中に糖が蓄積される
  • これが糖尿病の状態である

ページで本当に分かりやすく解説されています。これは保存版とも言えると思います。是非チェックしてみて下さい。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら