2015年06月12日

糖尿病と鍼灸療法

糖尿病を鍼灸治療で改善した話が紹介されていました。
【医学古今】 糖尿病と鍼灸療法 / 大紀元

この方は糖尿病治療を目的に鍼灸治療を受けたわけではなく、関節痛のために鍼灸治療を受けたようです。もともと糖尿病を患っていて、運動療法、食事療法、色々試してダメだったのに、膝痛の鍼灸治療を受けた結果、HbA1c値が改善したとのこと。

治療で使ったツボとして脾経の陰陵泉、地機、三陰交などが含まれていたそうです。

東洋医学、西洋医学をはじめ、世界中にはさまざまな「治療」があります。現代医学ではかなかな説明が付けれないことでも、昔から言い伝えられているような学問の中には、効果が期待出来るものもあるのだと思います。

治療目的とは違う病気、症状まで改善したという症例は、鍼灸治療の領域ではよく見られるそうです。こうしたニュースも今後注目していきたいと思います。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら