2015年05月07日

糖尿病のきず、ナノテクノロジーの保湿クリームで回復を早める

糖尿病患者の方で、慢性的な治らない傷で悩んでいる方が沢山います。統計的には5人に1人はこの傷で悩んでいると言われています。

同じような悩みを抱えている人に注目のニュースです。米国の研究グループが「ナノテクノロジーが作り出した保湿クリームで、糖尿病による皮膚の傷の回復が早まった」と報告したようです。

糖尿病のきず、ナノテクノロジーの保湿クリームで回復を早める/Medエッジ

まだ動物実験の段階ですが検証結果を紹介します。ラットを使った実験によると、クリームを塗らないラットは傷が治るまでに18日間かかったのに対し、クリームを塗ったラットは12日で回復したようです、3分の2の時間に短縮されたことになります。

ナノテクノロジーの詳しいことは読んでもいまいち理解できませんでしたが、期待値が高いことは理解出来ます。

この技術が確立出来れば、傷の治療のほかに傷の予防にも使えると想定しているようです。日本でも早く使えるようになればいいですね。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら