2015年04月13日

高血圧に糖尿病…生活習慣病の予防対策は「減塩水」で!

興味深い記事があったのでご紹介させていただきます。

高血圧に糖尿病…生活習慣病の予防対策は「減塩水」で!/マイナビニュース

この記事では「減塩水」なるものが紹介されています。

減塩のために一役買ってくれるのが“減塩水”。減塩水とは塩を溶かした水のことで、つまり塩水です。実は、2種類の異なる濃度の減塩水を使って料理するだけで、味付けはシッカリ、しかも塩分を劇的に減らすことができるのです。

あらかじめ濃度の違う食塩水を用意しておくことがポイントのようです。最初に読んだときは「下味で塩をつかって、仕上げにも塩を使うのだったら同じじゃないか?」と思ったのですが、「塩の量」ではなく「食塩水の量」で味を付けることに意味がありそうです。

また、減塩水のメリットとして下記の5つが紹介されていました。

  • 液体だから計量が簡単 
  • カロリーが減る
  • 出汁がいらない
  • まんべんなく味がつく
  • 肉が柔らかくなる

たしかに、最初に減塩水を作っておけばよいので調理は楽そうですが、減塩でのカロリーオフは血糖値の上昇とは関係無さそうでし、「出汁がいらなくなる」というのは正直ピンと来ません。

ただ、「まんべんなく味がつく」というのは納得です。是非試してみたいと思います。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら