2015年03月10日

妊娠糖尿病の改善は生活週間?薬??

出産経験のある女性の2型糖尿病リスクについて、10年以上の長期レポートが発表されました。結論としては、妊娠糖尿病の病歴がある人は2型糖尿病リスクも高いようです。しかし、このリスクは生活習慣によって改善され、ある薬の服用で軽減されることも分かりました。

妊娠糖尿病とは妊娠時に起こる症状で、胎盤で血糖値を上げやすいホルモンが産生されることで妊娠中期以降にインスリンが効きにくい状態となり、血糖値が上昇しやすくなることです。

妊娠糖尿病になった女性は体がそのような反応を示しやすいようで、統計上、数年後に2型糖尿病になるリスクが高いようです。

妊娠糖尿病になる人の多くは肥満指数であるBMI値が高かったり空腹時血糖値も高い傾向にあるようです。しっかりと生活習慣の改善を行えば糖尿病の発症を遅らせたり予防したりする効果があるようです。

やはり日頃からの健康的な生活が重要なのでしょう。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら