2015年01月09日

PTSDで女性の糖尿病リスク2倍に、米研究

こんな記事がありました。
PTSDで女性の糖尿病リスク2倍に、米研究 / AFP

PTSDとは「心的外傷後ストレス障害」のことで、強烈なショック体験、強い精神的ストレスが心のダメージとなって、時間がたってからもその経験に対して強い恐怖を感じることです。自然災害や事故、暴力や犯罪などが大きな原因とされています。

米国医師会の精神医学専門誌に「PTSDを発症した女性は、そうでない女性に比べて2型糖尿病の発症リスクがほぼ2倍になる」と発表されたようです。

約20年の研究で被験者は5万人にのぼり、かなり有力な証拠だとする声もあがっているようです。

研究内容はリンク先でチェックして下さい。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら