2014年12月07日

インスリンポンプ療法というものが普及しつつあるらしいです

1型糖尿病の患者さんは体内でインスリンが分泌されなくなるので、血糖をコントロールするために定期的にインスリンを補給する必要があります。現在、多くの患者さんは毎日自分で注射をするのが一般的ですが、最近「インスリンポンプ療法」というものが普及しつつあるらしいのです。

糖尿病、注射に替わる「ポンプ療法」 自動注入で生活向上、野球選手も使用

ポンプ式では腹部の皮下に柔らかいチューブを挿入してインスリンを持続注入する仕組みになっています。記事では「血糖をコントロール出来るようになる」みたいなコトがかかれていたので、おそらくポンプ側の機械で血糖値を認識出来るようになっていて、血糖値の数値によってポンプでインスリンの量をコントロールしているのだと思います。

現在、この治療を約4000人の人が受けているとのこと。医療の進歩はすごいです!

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら