2014年11月22日

糖尿病患者の4人に3人は服用コンプライアンス不足

日本イーライリリー株式会社が2型糖尿病患者と医師に対して行った「2型糖尿病治療とライフスタイルの意識調査」によると、2型糖尿病患者の4人に3人は治療薬について決められた服用&回数を守れていない実態が分かったようです。

調査は、「決められた服用&回数が守れないことがどれくらいあるか?」という回答に対して「全くない」と回答した患者は全体の約25%ほどだったとのこと。

薬をしっかり飲むというのは意外と難しいことです。

このデータを発表した教授は「日本では糖尿病患者の心理状態の評価実施率が低い現状にある」としています。医師が患者ともっとコミュニケーションを取ることができれば、この数字はもっと改善されるだろうということです。

薬を飲むのは自分の意志ですが、意識を高めてくれるのは担当医であったり周りの協力だったりするのでしょう。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら