2014年11月07日

コーヒーをよく飲む人は糖尿病になりにくい?

コーヒーと糖尿病との関連を調査した研究結果は国内外に沢山あります。そして、「コーヒーをよく飲む人は糖尿病になりにくい」という結果が多数派のようです。

例えば、2002年のオランダの教授が発表した論文では、「コーヒーを1日7杯以上飲む人の糖尿病発症リスクは2杯以下の人に比べて半分」と発表されています。 また、日本でも国立がん研究センターの発表として「1日にコーヒーを5杯以上飲む人は殆ど飲まない人に比べて男性で2割、女性で6割も少ないコトがわかった」と発表。

コーヒーをよく飲む人は糖尿病になりにくいというのが、世界のスタンダードの理論になりそうです。  

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら