2014年08月02日

シフト制で働くひとは糖尿病リスクが高いようです

こんな記事がありました。
シフト制で働く人は要注意!2型糖尿病のリスクが高まるとの研究結果 / IRORIO

勤務時間が昼だったり夜だったりする職種があります。警察や福祉、医療関係者も夜勤とかありますよね。

過去の研究で、こうしたシフト制の仕事をしている人は消化器系や心血管系のリスクが高いことは指摘されていたようなのですが、あたらに糖尿病(2型)も、そのリスクの1つに加わったようです。

この研究は中国の大学の研究者が調べたもので、20万人以上の方を対象にした比較的大規模な調査です。

シフト制の人のほうが9%ほどリスクが高く、男性に限って言うと35%も高いようです。

考察としては体内時計が狂うことなどが考えられるようです。シフト制の仕事に着かれるかたは、こうしたリスクの認識も必要ですね。

 

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら