2014年04月28日

コーヒーを飲むと糖尿病リスクが減るとの調査結果

こんな記事がありました。
1日3杯以上がベスト?「コーヒーを飲むと糖尿病のリスクが減る」との調査結果

発表したのは、米ハーバード公衆衛生大学院のチームで、日々のコーヒーの摂取量が増えるたびに糖尿病の発症リスクが減るとのこと。具体的な数値も発表されていて、「1日1.5杯のコーヒーを飲む毎にリスクが11%ずつ減っていく」と書かれていました。

最も予防効果が高かったのが「1日3杯以上」で、コーヒーを紅茶に代えても予防効果はなかったというのも面白い発表でした。

記事の最後には「発症リスクとの関係が明らかになったといっても、今すぐコーヒーをがぶ飲みするのは得策では無い」と付け加えられていました。そりゃそうですよね。何事も限度があります。程々が一番です。

 

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら