2014年03月31日

糖質制限食 VS カロリー制限食 の研究結果

興味深い記事がありました。

ようやく日本人のエビデンス登場 糖質制限食vsカロリー制限食 / ダイヤモンド・オンライン

糖質制限ダイエットが効果があるとか問題があるとか、色々と議論されていますが、そもそもこの「糖質制限」という考え方は糖尿病の食事療法の世界で始まった話のようです。それがダイエット業界に波及してしまったと。。。

で、この「糖質制限がいいのか、カロリー制限がいいのか?」の研究を北里大学の糖尿病研究センターが行ったようで、この発表が日本内科学会の英文誌に掲載されたとのこと。

結論からいうと、「糖質制限群のみで、HbA1cが優位に改善した」とのことです。

また、中性脂肪値も糖質制限群でのみ優位に改善。さらに、治療の「負担感」においても、糖質制限群で軽い傾向があったとのことです。

糖尿病の食事療法はカロリーを無視するわけにいきませんが、カロリーを抑えた食事というのは、どうしても満足度が下がり、精神的に辛くなります。

こうした研究結果が認知されることで、糖質制限を行うことで、ある程度お腹いっぱい食べれるようなレシピが開発されるかもしれないですね。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら