2014年02月07日

ヨーグルトを食べると糖尿病リスクが下がる

ヨーグルトを食べると糖尿病リスクが下がるという記事がありました。

欧州糖尿病学会の学会誌にて発表された研究論文のようで、ヨーグルトや低脂肪チーズを摂取すると、全く食べない場合と比較して糖尿病発症リスクが約4分の1に低減したとのことです。

この調査では、男女3500人を11年間も追ったようで、「調査期間中に753人が糖尿病を発症し」というのもリアリティがある表現だなと思いました。

この調査で、低脂肪の発酵乳製品を食べていた人たちの群が食べていなかった人の群と比較して糖尿病の発症率が24%も低かったというのです。

単純に「乳製品が良い」というわけではなさそうで、牛乳や高脂肪の発酵乳製品では、糖尿病削減の相関関係は見られなかったとのことです。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら