2014年02月02日

糖尿病を防ぐ秘訣として「けり出し歩き」という歩き方が紹介されていました

最近、太ももを中心とした下半身強化をポイントにした健康法が幅広い層から支持を得ているようです。太ももやふくらはぎは下半身の血液を上半身に押し上げるポンプの役割をしていることから「第二の心臓」とも言われています。この第二の心臓をテーマとした書籍も人気を寄せているようで、その中のヒット作、『太ももを強くすると「太らない」「超健康」になる』の著者である宮崎義憲氏(東京学芸大学名誉教授)が独自の太もも健康法を紹介していました。

糖尿病を防ぐ秘策、「けり出し歩き」とは? / プレジデントオンライン

宮崎氏による「けり出し歩き」とは、かかとで着地し、つま先で強く地面をけり出して歩く歩き方で、この歩き方は研究の結果、血糖値をよく下げることが確認されているようです。

「血糖値を下げる歩き方」ということで、歩く場合は血糖値が上がってくる食後を推奨していました。「食後、けり出し歩きでウォーキング」ということです。

日々の生活にウォーキングをしている方はぜひ取り入れてみてはと思います。

 

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら