2013年11月14日

11月14日は世界糖尿病デー

11月14日は世界糖尿病デーということで、日本だけで無く世界中で糖尿病の啓蒙活動が行われるようです。

先ほど読んだ記事では、筑波大学附属病院で糖尿病の新しい検査手法を先着100人で受け付けるとのこと。この検査は指先からわずかな血液を採取するだけで糖尿病かどうかが分かるようです。また食後に5分行うだけでも血糖値を下げる効果がある簡単な運動なども紹介するようです。

糖尿病は初期の自覚症状が乏しいので血液検査が重要です。こうした日をきっかけに一人でも多くの方が検査を受け予防や治療に取り組めれば「糖尿病デー」の意義も高まると思います。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら