2013年08月09日

現代ビジネス-賢者の知恵の記事が良かったのでご紹介します

現代ビジネス-賢者の知恵の記事が良かったのでご紹介します
悪い病気には必ず兆候がある / 現代ビジネス

全6ページ構成。前半は「癌」についての話が中心で、糖尿病については5ページ目の後半くらいから解説があります。

糖尿病の発見が遅れると合併症のリスクが高まるわけですが、その兆候として比較的早期に現れるのが神経障害とのこと。以下引用です。

「血糖値が上がり始めて5年ほどで、足の指先がしびれる、足裏がじんじんするなど、足の末梢神経に症状が出てきます。中には、『濡れた靴を履いて歩いている感じ』などと表現する人もいます。急にふくらはぎがよくつるようになったとか、冷えやほてり、便秘や下痢、胸やけ、立ちくらみなどの症状が出ることもある」(菅原医師)

また、物が見えにくくなったり尿蛋白が出たりと、目や腎機能に異変が現れた場合も要注意のようです。

解説をしている菅原医師は糖尿病のリスクファクターとして、以下のようなものをあげています。

  • 遺伝
  • メタボ
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 喫煙
  • 過度の飲食
  • 運動不足
  • 動物性脂肪の多い食事

やはり生活習慣の改善が一番の予防となりそうです。

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら