2013年07月31日

糖尿病になり重症の低血糖を起こすと、心筋梗塞のリスクが2倍に

国立国際医療研究センターの研究グループが、2型糖尿病患者で重症の低血糖を起こした人は、起こさない人に比べ、心筋梗塞や脳卒中を発症するリスクが約2倍高くなることを突き止めたそうです。

糖尿病患者の重い低血糖、心筋梗塞リスク2倍に / 日本経済新聞

糖尿病になると合併症を防ぐために血糖値を下げような働きかけをしていきますが、極端に低くなり過ぎないような配慮も必要ということです。

頭に入れておかないといけないですね。

 

 

糖尿病についての知識をもっと深める

もう一人で悩まないで下さい

糖尿病に打ち勝った闘病記はこちら